最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

脳科学者の母が、認知症になる 記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか?

  • 68 読みたい
  • 86 現在読んでいるもの

発行元 長谷川 和夫 .

    Download 脳科学者の母が、認知症になる 記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか? 本 Epub や Pdf 無料, 脳科学者の母が、認知症になる 記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか?, オンラインで書籍をダウンロードする 脳科学者の母が、認知症になる 記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか? 無料で, 本の無料読書 脳科学者の母が、認知症になる 記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか?オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 脳科学者の母が、認知症になる 記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか? 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  恩蔵絢子
    • シリーズ名:  脳科学者の母が、認知症になる 記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか?
    • 発売日:  2018年12月07日
    • 出版社:  河出書房新社
    • 商品番号:  4915700350001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    記憶を失っていく母親の日常生活を2年半にわたり記録し、脳科学から考察。アルツハイマー病になっても最後まで失われることのない脳の力に迫る、画期的な書。茂木健一郎氏絶賛!

あなたも好きかもしれません

脳科学者の母が、認知症になる 記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか? by 長谷川 和夫 ダウンロード PDF EPUB F2