最後に編集されたのは 管理者
05.01.2021 | 歴史

最終戦争論・戦争史大観

  • 42 読みたい
  • 68 現在読んでいるもの

発行元 福沢 諭吉 .

    Download 最終戦争論・戦争史大観 本 Epub や Pdf 無料, 最終戦争論・戦争史大観, オンラインで書籍をダウンロードする 最終戦争論・戦争史大観 無料で, 本の無料読書 最終戦争論・戦争史大観オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 最終戦争論・戦争史大観 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  石原 莞爾
    • 発売日:  2009年12月15日
    • 出版社:  青空文庫
    • 商品番号:  4810000001154
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    石原莞爾の主著である。来るべき最終戦争によって世界は統一され戦争がなくなる、その戦争は日本を中心とする東洋とアメリカを中心とする西洋の決戦である、という独特の思想を主として戦史分析の観点から詳述している。1940(昭和15)年5月29日、石原莞爾は京都市にあった福島清三郎(東亜連盟会員・柔道家)の道場、義方会において、「人類の前史終らんとす」と題した講話を行った。これを筆記・整理したものが、「世界最終戦争論」である。B6判88頁の小冊子として立命館出版部から刊行された「世界最終戦争論」は、数十万部に及ぶベストセラーとなった。その後、同書の読者から寄せられた質問への回答をまとめ、1942(昭和17)年3月20日に新正堂から出版された『世界最終戦争論』に、「世界最終戦争論」、「戦争史大観」、「戦争史大観の由来記」と共に、「『世界最終戦争論』に関する質疑回答」として収録された。ただし著者は、1943(昭和18)年頃から「世界最終戦争」から「世界」を削り、「最終戦争」と用語を統一していた。それ故、底本の親本が親本とした実弟の石原六郎氏が編集した『最終戦争論』(経済往来社、1973年刊)では、すべて「最終戦争」になっている。底本にある、石原六郎氏による【解説】は、著作権の保護期間にあるため、収録しなかった。なお、底本の由来に関する上記の記述をまとめるに当たっては、【解説】を参考にさせていただいた。(石原莞爾デジタル化同志会)「世界最終戦論」[文字遣い種別]新字新仮名[底本]最終戦争論・戦争史大観[出版社]中公文庫、中央公論社[初版発行日]1993(平成5)年7月10日

あなたも好きかもしれません

最終戦争論・戦争史大観 by 福沢 諭吉 ダウンロード PDF EPUB F2

石原ファンとしては必読書です。
内容的にも面白い内容です。
今の世の中を生きる我々も知っておくべき内容だと思います。