最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

灼眼のシャナXXI (電撃文庫)

  • 88 読みたい
  • 61 現在読んでいるもの

発行元 高橋 弥七郎 .

    Download 灼眼のシャナXXI (電撃文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 灼眼のシャナXXI (電撃文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 灼眼のシャナXXI (電撃文庫) 無料で, 本の無料読書 灼眼のシャナXXI (電撃文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 灼眼のシャナXXI (電撃文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  高橋 弥七郎, いとう のいぢ
    • レーベル:  電撃文庫
    • シリーズ名:  灼眼のシャナ
    • 発売日:  2013年03月29日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4330020901000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    今、そこは間違いなく、世界の中心だった。 御崎市全域を覆う巨大な封絶。中天に輪を描く、創造神の黒い蛇身。その背に降り立った、緋色の凱甲と黒い竜尾で装う少年── 創造神“祭礼の蛇”の代行体・坂井悠二。 彼は、正面で向き合う少女に笑いかけた。紅蓮の瞳と髪を靡かせる、天罰神の契約者たるフレイムヘイズに。 「悠二」 「シャナ」 二人は、それだけを言い、それだけを返す。フレイムヘイズ兵団は敗れ、“紅世の徒”らが勝利し、彼らの楽園 『無何有鏡』 の創造が始まろうとする中、相容れない二人は、互いのかける、次の言葉を待っていた。 少女の手には、身の丈ほどもある大太刀が握られ、少年の手には、片手持ちで幅広の大剣が握られる。 図らず、計らず、声が重なる。 「 「──決着を──」 」

あなたも好きかもしれません

灼眼のシャナXXI (電撃文庫) by 高橋 弥七郎 ダウンロード PDF EPUB F2