最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

眞説 光クラブ事件 戦後金融犯罪の真実と闇 (角川文庫)

  • 76 読みたい
  • 19 現在読んでいるもの

発行元 保阪正康 .

    Download 眞説 光クラブ事件 戦後金融犯罪の真実と闇 (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 眞説 光クラブ事件 戦後金融犯罪の真実と闇 (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 眞説 光クラブ事件 戦後金融犯罪の真実と闇 (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 眞説 光クラブ事件 戦後金融犯罪の真実と闇 (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 眞説 光クラブ事件 戦後金融犯罪の真実と闇 (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  保阪 正康
    • レーベル:  角川文庫
    • 発売日:  2016年03月04日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4330852300300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    終戦直後の混乱期。若槻礼次郎以来の天才と称された東大生・山崎晃嗣は、ヤミ金融会社「光クラブ」を設立し時代の寵児となるが、わずか27歳で服毒自殺する。後に三島由紀夫、高木彬光らが小説のモデルとし、アプレゲールの典型といわれた山崎は、なぜ死ななければならなかったのか。昭和史研究の第一人者が徹底取材し、その死後60年にして明らかにした山崎の真実の姿とは。戦後金融犯罪の謎に迫る。

あなたも好きかもしれません

眞説 光クラブ事件 戦後金融犯罪の真実と闇 (角川文庫) by 保阪正康 ダウンロード PDF EPUB F2