最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

1985年の無条件降伏~プラザ合意とバブル~ (光文社新書)

  • 89 読みたい
  • 74 現在読んでいるもの

発行元 菊池理夫 .

    Download 1985年の無条件降伏~プラザ合意とバブル~ (光文社新書) 本 Epub や Pdf 無料, 1985年の無条件降伏~プラザ合意とバブル~ (光文社新書), オンラインで書籍をダウンロードする 1985年の無条件降伏~プラザ合意とバブル~ (光文社新書) 無料で, 本の無料読書 1985年の無条件降伏~プラザ合意とバブル~ (光文社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 1985年の無条件降伏~プラザ合意とバブル~ (光文社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  岡本勉
    • レーベル:  光文社新書
    • シリーズ名:  1985年の無条件降伏~プラザ合意とバブル~
    • 発売日:  2018年01月26日
    • 出版社:  光文社
    • 商品番号:  4484941940001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    戦後の日本は脅威の経済復興を遂げ、終戦からたった11年で、政府の経済白書が「もはや戦後ではない」と宣言した。ところが、バブルが崩壊した後の長期不況は「失われた20年」だ。日本経済は敗戦から11年で立ち直ったのに、バブル崩壊では20年経っても立ち直ることができなかったーー。80年代、あれほど元気だった日本経済はなぜ「失われた20年」に陥ったのか?現代史の転換点を臨場感満載に描く。

あなたも好きかもしれません

1985年の無条件降伏~プラザ合意とバブル~ (光文社新書) by 菊池理夫 ダウンロード PDF EPUB F2

この本は、バブル経済を起こしたプラザ合意(一ドル=240から120円までの超円高)にして、日本経済が、不況になり、日本経済が、バブルを引き起こす要因となったプラザ合意について書かれている本です。
とてもわかりやすくてコンパクトにまとめられています。
今、この本を読む意味は、アメリカが米国貿易戦争で、中国に「第二のプラザ合意」を仕掛けて、日本も超円高になり、悪影響が起きないかという心配がある点ですね。世界経済がとても悪くなって、日本経済も悪影響が起きる可能性がありますね。
また、この本では、日本がプラザ合意という超円高の合意を引き受けた原因について、アメリカの対日要求だったとしか、述べられていません。
しかし、「宮沢喜一」や「竹下登」などの「回顧録」を読んでみると、「一ドルが240円から120円」になるという超円高になって、日本経済が大不況になる事を政治家も官僚も「想定も想像もしていなかった」のが、原因というのがわかります。
つまり、「一ドル240円を220円から200円までにする」などの「ダメージ・コントロール」(被害を最小限度に抑える)という発想がまるで、日本の政治家にも官僚にもなかったと言う事が「プラザ合意の本質」だと思います。
為替が一ドル=240円から120円になれば、日本経済は輸出に頼っている所が多いので、大打撃になることは、経済政策を知っている人間がいれば、「想定や想像」ができそうですが、政治家も官僚も、出来なかったことが、大問題です。
大事な事は、トランプ大統領が、「第二のプラザ合意」みたいな超ドル安政策をとって、「中国潰し」をしている時に、日本経済が、「返り血」を浴びて、打撃を受けないか心配です。
日本の為替政策を行っている「財務省と日銀の幹部」は、プラザ合意の失敗から、しっかりと教訓を得て、「ダメージ・コントール」(被害を最小限度に抑える)という発想をしっかりとしてほしいと思います。
プラザ合意の時には、「自分は、生まれていなかったから、わからない」という言い訳だけは、財務省と日銀の幹部や職員にはしてほしくないと思いますね。