最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫)

  • 74 読みたい
  • 78 現在読んでいるもの

発行元 マルクス・アウレーリウス .

    Download マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫) 本 Epub や Pdf 無料, マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫), オンラインで書籍をダウンロードする マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫) 無料で, 本の無料読書 マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  マルクス・アウレリウス
    • 訳者:  鈴木照雄
    • レーベル:  講談社学術文庫
    • シリーズ名:  マルクス・アウレリウス「自省録」
    • 発売日:  2013年03月06日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000009419
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    2世紀後半ローマ皇帝となったマルクス・アウレリウスはまたストア派の哲学者でもあった。万有は神的理性(ロゴス)に統率されるという合理的存在論に与する精神構造を持つ一方で、文章全体に漂う硬質の無常観はどこから来るのか。自身の心に向かって思念し、心内の軋み・分裂・矛盾をごまかすことなく真摯に生きた哲人皇帝の魂の声。碩学による待望の新訳。(講談社学術文庫)

あなたも好きかもしれません

マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫) by マルクス・アウレーリウス ダウンロード PDF EPUB F2