最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

英米哲学入門 ──「である」と「べき」の交差する世界 (ちくま新書)

  • 30 読みたい
  • 94 現在読んでいるもの

発行元 伊藤邦武 .

    Download 英米哲学入門 ──「である」と「べき」の交差する世界 (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, 英米哲学入門 ──「である」と「べき」の交差する世界 (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする 英米哲学入門 ──「である」と「べき」の交差する世界 (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 英米哲学入門 ──「である」と「べき」の交差する世界 (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 英米哲学入門 ──「である」と「べき」の交差する世界 (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  一ノ瀬正樹
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2018年04月27日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591217117250
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    私が生まれる前にも世界は本当に存在していたのか? ものごとには原因と結果があるという確信は、実は思い込みにすぎないのではないか? この世界の当たり前のありようを疑い、立ち止まって問うてみること。それこそが哲学の入口であり核心である。ロック、バークリ、ヒューム、ラッセル、ウィトゲンシュタイン……「経験」や「言語」を足場に考え抜いた哲学者たちの議論を糸口に、素朴にして深遠な哲学の根本問題へといざなう。事実(である)と規範(べき)が織りなす世界の謎を読者とともに思考する、笑いあり涙あり(?)の入門講義。

あなたも好きかもしれません

英米哲学入門 ──「である」と「べき」の交差する世界 (ちくま新書) by 伊藤邦武 ダウンロード PDF EPUB F2